縦目地 ゴム製

出入路の新規開設や道路の拡幅時に、橋脚、橋台の位置や床版の構造の違い等で、鉛直方向・橋軸方向・ 橋軸直角方向の三次元の動きが発生します。
この三次元の動きに対応出来る製品です。

K-80T

K-40T|K-50T|K-80T

縦目地のパイオニアである当社が開発した縦目地用ジョイントは縦目地特有の三次元の動きにもしっかりと追従するので、多くの高速道路、橋梁や高架橋でお使い頂いています。

施工事例

K-40T K-50T K-80T

K-40T
K-50T/K-80T

K-240T

K-210T|K-240T|K-330T

スパン長が長くなることによって生じる大きな変位量に対応が可能な製品です。

施工事例

K-210T K-240T K-330T


ネット・ピンタイプ

縦目地は、橋軸方向に長いスパンで設置される事が多く、通行車輌がジョイントの上を通過する事もあります。
この場合、ドライ時は摩擦抵抗が大きく問題はありませんが、ウェット時には摩擦抵抗がドライ時に比べ、小さくなる傾向にあります。
そこで、弊社では排水性と摩擦抵抗の増大を目的とし、表層ゴムにネットを3層に織り込み、その上にピンを打ちつけた製品を新発売致しました。機能的にも視覚的にもより安全性を追求した製品になっております。

ネットピンタイプ納入実績

中央環状線 小菅ジャンクション(東京)
湾岸線 新木場・辰巳ジャンクション(東京)
湾岸線 本牧ジャンクション(神奈川)
柏尾川大橋(神奈川)

落合橋(長野)
大阪港線 阿波座拡幅(大阪)
神戸線 芦屋料金所(兵庫)

その他

伸縮量・遊間に合わせて各種、取り揃えております。当社の標準製品以外でもお気軽にご相談下さい。